2017 Spring & Summer
for men

英国の伝統を受け継ぐ
紳士の正統なるワードローブ

MACKINTOSHの伝説は、1823年にチャールズ・マッキントッシュが発明した世界初の防水布「マッキントッシュクロス」にはじまる。2枚の綿布の間に天然ゴムを塗り圧着し、火にかけて完成するこの生地は高い防水性を実現した。この革新的な生地で作られたゴム引きコートはすぐに乗馬用のコートに用いられ、英国の上流階級の人々の間で人気となった。その機能性の高さから後に英国陸軍や国営鉄道に採用され、世界的なスタンダードに。ブランドを象徴するゴム引きコートは今も熟練した職人の手仕事により、その縫い目から雨の侵入を防ぐため、一着一着縫い目の裏から止水テープを貼るという当時と変わらない製法で作られている。そのため限られた数しか生産できない。現代でも昔ながらのこのコートが世界中で愛されている理由は、手作りのゴム引きコートからしか生まれない、凛とした佇まいとシルエットにある。

MACKINTOSH LONDONはメインラインとして、ゴム引きコートだけでなくあらゆるアイテムを揃えるトータルコレクションを展開。英国のクラシックをベースに現代的なエレメントを取り入れ、確かな品質にこだわったモダンなスタイルであり、現代の紳士のためのワードローブそのもの。タイムレスな価値を抱く本物を追求する。

fabric by
Loro Piana Rain System

マッキントッシュクロスにはじまる機能素材へのこだわりを現代的にアプローチしたのが、イタリアの高級テキスタイルブランド、 ロロ・ピアーナの「レインシステム」の採用だ。コットン生地の表面にナノテク加工を施して、滑らかで軽快な風合いを損ねることなくはっ水性を付加。
MACKINTOSH LONDONのシグネチャーモデル「ダンケルド」、「リージェンシー」、「ニューブリッジ」で提案する。

JACKET ¥100,000 + tax
COAT ¥110,000 + tax
COAT ¥125,000 + tax

fabric by William Halstead
Wool Mohair
& High Twisted Wool

MACKINTOSH LONDONを代表する「ニューブリッジ」のスーツ。伝統的な英国スタイルをベースに、ナチュラルショルダーのモダンなシルエットと軽やかな着心地を実現したこのスーツでは、今季、1875 年創業の英国名門ミル、ウィリアム・ハルステッドの生地を採用したコレクションが揃う。最高級のモヘアとウールをミックスした生地や、ウール糸を2本で撚り合わせた2PLYウール生地で提案する。

SUIT ¥170,000 + tax
SUIT ¥160,000 + tax

fabric by Marling & Evans
Silk × Cotton
Summer Tweed

夏のドレスアップスタイルに映えるパッチポケットのサマージャケット。MACKINTOSH LONDONでは、1782年創業の老舗、マーリング&エヴァンス製コットンシルク生地を採用した「ニューブリッジ」のジャケットを提案する。英国羊毛のツイードを得意とするが、粗目織りのコットンやリネンにも定評があり、ウォッシュ加工を施したドライなタッチは、素肌に心地良く触れる。

JACKET ¥110,000 + tax
JACKET ¥110,000 + tax

fabric by
Loro Piana
Chambray Polyester

ロロ・ピアーナのラグジュアリーなポリエステル製ミリタリージャケット。はっ水性を備えしなやかな軽い生地には、繊細な光沢が浮き上がる。カーキカラーは玉虫色のニュアンスを湛え、ラギッドなミリタリーテイストとは一線を画している。

JACKET ¥79,000 + tax

fabric by
Loro Piana
Chambray Cotton

ショート丈ステンカラーコートの定番モデル「ダヌーン」をベースに、ジャケットにアレンジした「ダヌーン ジャケット」が今季初登場。現代的なワークジャケットに添えたのは、デニムライクな表情を持つ、ロロ・ピアーナ製シャンブレーコットンが醸す大人のエレガンス。洗練されたアウタースタイルを愉しめる1着だ。

JACKET ¥79,000 + tax

Balancircular fabric

ジャケットのシグネチャーモデル「ニューブリッジ」にジャージー製ジャケットが今季初登場。ジャージーと織物の特性を併せ持つ希少素材「バランサーキュラー」を採用し、柔らかで型崩れしにくく仕立てられたジャケットは、オンスタイルにも通用するドレス感と、軽やかでストレスフリーな着心地を実現した。オン・オフで着回し力が絶大な大人のジャージージャケットだ。

JACKET ¥56,000 + tax

fabric by
Loro Piana
Double Mercerized Cotton

ロロ・ピアーナ製生地なら、通年で着られるカットソー地のカーディガンにもラグジュアリーなクラス感が備わる。その滑らかな手触りと品のある光沢は一目瞭然。アンサンブルで着用できる同素材のTシャツも揃う。

CARDIGAN ¥33,000 + tax

互いに響き合う歴史と伝統
そして生まれる次代の銘品

英国には100年、200年を優に越える歴史を有し、伝統の職人技術を脈々と継承するブランドが存在する。彼らは“昔ながら”を大切にしながらも、決して現代的な進化を恐れない。そんな不撓なる精神を持つ英国ブランドを厳選し、MACKINTOSH LONDONが目指すブリティッシュスタイルを完成させるためのコラボレーションが実現。それらのコレクションが「GB 7 Collection」だ。各々のジャンルにおける最高峰のブランドと共同製作したアイテムは、他では手に入らない、英国の普遍的な魅力を凝縮したアイテムばかり。銘品との邂逅から、また新たな銘品が生み出される。

GB7に今季、トリッカーズが初登場。1829年、英国靴の聖地ノーザンプトンに創業した老舗にして王室御用達。このシューメーカーの顔ともいえるモデルは、カントリーシューズと呼ばれる外羽根のウィングチップである。通常は無骨なダブルソールだが、MACKINTOSH LONDONは薄仕立てのシングルダイナイトソールを採用。コバをすっきり見せるように仕様を変更することで、都会的なスタイリングに抜群に似合う靴に変貌した。

SHOES ¥80,000 + tax

ドレイクスの創業は1977年。いくつもの老舗が暖簾を下ろしていくなか、モダンクラシックなコレクションで着実に地位を築いてきた希有なネクタイブランドである。
MACKINTOSH LONDONは、今季のスーツ&ジャケットにも用いられているウィリアム ハルステッドやマーリング&エヴァンスの生地を採用した同素材のタイを依頼。熟練した職人の手仕事によるハンドロールと、裏地を使わない仕立てにより、タイはスカーフのように胸元に翻る。

TIE ¥18,000 + tax

MACKINTOSH LONDONのアイコンである”ダンディマン”をエナメル加工で象ったカフリンクスは、シャツボタンと同じ11㎜径が袖口にさりげない洒落心を覗かせる。LBBの愛称で知られるロンドン バッジ&ボタン。英国軍や近衛兵の制服用ボタンや勲章を提供してきた1685年創業という由緒正しき老舗である。高貴なる英国紳士がドレスアップする際の必需品であり、繊細な仕事に職人の矜持が光る逸品を作り続ける。

CUFFLINKS ¥29,000 + tax

ジェームス ロックは、1676年の創業時からセントジェームズ通り6番地に店を構えている世界最古の帽子店。レインハット「ロンドン」や、ニュースボーイキャップと呼ばれたキャスケット「ミュアフィールド」は、トップハットやボウラーと並ぶ人気のモデルである。先の2つの名品をロロ・ピアーナ製「レインシステム」生地を採用した帽子は、今季展開する同素材のコートとのマッチングも上々。雨の日の紳士の装いをも、さらに充実させるだろう。

CASQUETTE ¥19,000 + tax
HAT ¥29,000 + tax

英国随一のニットメーカーとして1893年の創業以来、コーギーにはあらゆる高級メゾンが信頼を寄せてきた。
MACKINTOSH LONDONもそのひとつ。昨季のカシミヤ・アランセーターに続く、マーセライズドコットンのアーガイルニットである。それは繊細なタッチとコンパクトなモダンフィッティング。高い技術を要するインターシャ編みによって、時間をかけて丁寧に一着一着編み立てたラグジュアリーなサマーセーターである。

KNIT ¥100,000 + tax

ターンブル&アッサーは1885年に創業された英国を代表するシャツブランド。洒落者が集まるジャーミンストリートで、ひと際目を引くディスプレイがいつも話題となっている。1970年代、モンテ・カルロのスタイルから着想を得たリゾートシャツを、カッタウェイスタイルの衿型「リージェント」に載せ替えた特別仕様のハーフスリーブシャツは、両胸にポケットを備え、スクエアな裾はアウトして着ることもできる。ジャケット着用時、衿の納まりが良くエレガントな表情を湛えている。

DRESS SHIRT ¥40,000 + tax

ジェームズ・ボンドのアタッシュケースで知られるスウェイン アドニー。1750年の創業時は乗馬鞭の専門メーカーだったという。やがて馬具一式から高級皮革製品の工房へと成長を遂げたそのアーカイブには、250年を越える歴史が物語る逸品が眠る。たとえば上の写真は楽譜を持ち歩く専用鞄をモダナイズしたもの。英国産ブライドルレザーの革小物も充実のコレクションを供する。

BAG ¥100,000 + tax
COIN PURSE ¥50,000 + tax
LONG WALLET ¥45,000 + tax